トップページ > 酸素水ってどんな水なのでしょう

酸素水ってどんな水なのでしょう

酸素水ってどんな水なのでしょう

酸素は、人間の脳を活動させるために必要です。ところが、大気中の酸素の量は、排気ガスや化学物質によって大気が汚染されてきていることで、年々少なくなってきていると言われています。そこで、酸素不足を補うために「酸素水」というものが開発されました。これは、大気中よりも多い酸素の量を溶かし込んだ水のことです。

 

酸素水は様々な飲料メーカーが開発し、ミネラルウォーターと同様に、今ではコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストアなどで普通に販売されるようになりました。酸素の摂取については、水に溶けている酸素を摂取する方が、大気中の酸素を吸うよりも、体内により多くの酸素を吸収することが出来きます。そして、体内に多くの酸素を吸収することによって血液中に存在しているヘモグロビンの量が増加します。

 

ヘモグロビンは、体内に蓄積されている老廃物を体外へ排出という働きがあるので、このヘモグロビンが増加することで体内がきれいになり、しかも血液がサラサラになります。老廃物が排除され血液がサラサラになるということは、血の流れが良くなるということになり、その結果、生活習慣病の予防にもつながります。

 

また、体内により多くの酸素を取り入れることで、脂肪燃焼酵素が活発に働き出して新陳代謝がよくなり、ダイエットにも良い効果を与えます。

 

酸素水は国内産の商品のほか、海外から輸入されている商品もあります。また、天然のミネラルウォーターに酸素を過飽和させて混入させたような商品もあります。

 

現代人は基本的に酸素が不足がちになっています。これは、大気汚染の他にストレスが原因にもなります。美容や健康に気を使っている方、タバコの喫煙本数が多い方、飲酒量が多い方に加え、普段ストレスが多い方は、ぜひ酸素水を積極的に飲まれるとよいでしょう。