トップページ > 男性ホルモンを減らす女性ホルモン注入

男性ホルモンを減らす女性ホルモン注入

男性ホルモンを減らす女性ホルモン注入

男性の体は男性ホルモンのみで作られていると思っている人がいるかもしれませんが、それは間違いです。男性にも女性ホルモンが存在しており、その割合の違いが男女差にあらわれてくるのです。男性ホルモンが多い男性は、男らしい体つきと心をはぐくみます。しかし、それが過剰になってくるとバランスが悪くなり、体調に異変が生じます。

 

女性ホルモンの役割

 

女性ホルモンの特徴として、肌を美しくしたり、女性らしい体つきを作るといったことがあります。また、髪を美しく豊かに育てたり、記憶力をよくするのも女性ホルモンの働きです。男性ホルモンがアンバランスになったことで体に支障が生じた場合、女性ホルモンを投与することで回復を期待できる場合があります。

 

これは病院で行われている治療でもありますが、そこまでいかなくとも女性ホルモンの働きによく似た食品を食べるなどしてホルモンバランスを改善することも可能です。

 

女性ホルモンの注入

 

前立腺の病気のための治療など、どうしても男性ホルモンを抑える必要が出てきたときに、病院では女性ホルモンの注入という方法がとられることがあります。

 

これはホルモン療法と呼ばれる治療法で、非常に有効な反面デメリットもあるとして安易に選ぶことができません。医師とよく相談した上で、採用される治療法です。

 

そのため、薄毛などの問題で女性ホルモンの注入が選ばれることは滅多になく、主に前立腺の病気で行われます。女性ホルモンが注入されるわけですから、男性ホルモンであるテストステロンを明らかに減少させることができます。

 

この治療を行うと、前立腺の調子が快方に向かうだけでなく、髪が豊かになったり肌がきれいになったりします。ただし、筋力が落ちてきたり精力が減退してくるという女性ならではの特徴が顕著になってしまうのも事実。男らしさを残したいと思っても、なかなか難しい治療法といえそうです。