トップページ > 旧居の引渡しと立会い

旧居の引渡しと立会い

旧居の引渡しと立会い

いよいよ今の住まいを引越すとなった当日には、部屋の明け渡しを行うことになります。不動産会社から、担当者が立会いにやってくるのが普通です。その前に、引越しをいつ行うのか、新居への入居の日、旧居にいつまでいるのかなどを決めておく必要があります。

 

それらが決まったら、旧居の大家さんに引渡し日の確認をします。一般的には、引越し荷物を片付けて部屋がまっさらな状態になったところで立会いが行われます。

 

しかし中には、まだ住んでいる状態で立会いが行われて、鍵を管理人に預けて退去していい物件もあります。荷物を残すのは問題ですが、あまり掃除をしなくてもいいと言ってもらえるところすらあります。引越し荷物を全て片付けた状態で立会いが行われる場合、部屋の状態が元からどの程度汚れているか傷がついていないかどうかなどが点検されます。

 

それによって敷金の返還額や修復費用の支払額が決まってきますので、大事なことなのです。立会いをする人の采配で多少の傷や汚れは大目に見てもらえることもありますので、一緒にしっかりと確認していきましょう。

 

もちろん、立会いをしてもらう前にできるだけ部屋をきれいな状態にしておけば言うことありません。そのためには、引越し荷物を搬出してから余裕を持って掃除ができる程度の日時を立会日に指定したほうがよいでしょう。

 

部屋の点検が済んだら、修復費用の提示内容にサインをして鍵を返却し、終了です。新居に移る日と旧居の立会いを同じ日にしてしまうと、双方でのすべきことが増えてかなり大変な思いをします。できれば新居への引越しは済ませた上で、旧居の立会いに参加したほうが気が楽です。